必見!居抜き物件を利用して費用をかけずにお店を開く

居抜き物件に絞って探す

店舗物件を探す場合は、居抜き物件に絞って探すことも有効です。居抜きとは前の入居者が原状回復を行わずに退去した物件を、そのまま引き継ぐことです。メリットは新たに内装や設備などを準備する必要がありませんので、費用負担を抑えることが出来ますし、開店までの時間を短縮することが可能です。居抜き物件を探す場合は、同じ業種であることはもちろん、出来るだけ雰囲気の似ている店舗を探すことが重要です。同じ業種でもお店の雰囲気が異なれば、結局内装などをやり直す必要があります。

店内造作を譲り受ける

居抜き物件のメリットの一つに前の入居者の造作を引き継げることがあります。前の入居者から有償で引き継ぐケースもありますし、無償もしくはかなり格安で譲り受けることも可能です。前の入居者にとっては退去日までに次の入居者が決まらなければ、居抜きで退去することが出来ません。その為、退去日が近づくにつれて造作の譲渡代金を下げていかなければいけません。最終的には無償譲渡も検討する必要がありますので、次の入居者にとっては大きなメリットとなります。

居抜き物件の注意点について

居抜き物件は、費用負担が押さえられるためメリットが大きいですが、利用するには注意点もあります。前の入居者が退去する理由にも着目することが大切です。近所などとトラブルが発生していないか、あるいは物件が極端に使い勝手が悪くないかなどを契約前にきちんと確認することが大切です。また譲り受けた造作についても状態を入念に確認することが必要です。もし性能や状態が悪かったりすれば結局新しい造作を購入する必要があります。その際の古い造作の処分費用も負担しなければいけませんので、費用負担が増えて居抜き物件のメリットが少なくなってしまいます。

店舗物件は専門に取り扱いをしている不動産の業者を利用することで、ぴったりと条件にあう物件が紹介して貰えます。