仲介手数料タダや割引している物件て安心していいの?

初期費用を安くしている物件

部屋探しをしようと思って、ネットなどの物件情報を検索してみると、敷金や礼金が無料でお得なんて謳い文句を掲げている物件をよく見るでしょう。こういう物件というのは、ちょっと不安になりませんか?敷金や礼金を無料にしなければならない事情みたいなものが裏にあるんじゃないかなんて考えてしまうものですよね。確かに、そういったものを無料にすることで、手っ取り早く入居者を集めたいと言う風には考えているでしょうが、しっかりと見極めれば不安なことはありませんよ。

仲介手数料が無料の物件

中には仲介手数料を割引していたり、無料にしていたする物件もあったりしますよね。たとえば礼金などは、大家さんの懐に全額入ってしまう、いわば大家さんの臨時収入といったような性質があるため、礼金タダというのは入居者を集めるための単なる方策に過ぎません。仲介手数料の場合も、こうした礼金と似たような性質があり、そもそも仲介手数料というお金自体が、賃借人と賃貸人の折半でもって支払われるべきものだという前提があるのです。

仲介手数料割引や無料の仕組み

仲介手数料を割引したり、無料にしたりして、大家さんは大丈夫なのでしょうか。仲介手数料というのは、そもそも物件紹介をしてくれた不動産会社に支払われる手数料のことです。しかし、物件を紹介してくれたお礼をすべきなのは、部屋を探している人だけでなく、入居者を探している大家さんもですよね。なので、基本的には仲介手数料は両社の折半で支払われるべきものだったのです。しかしこれまでは一方的に賃借人だけがその支払いを担わされていたのですが、入居者募集に躍起になっている大家さんも最近では多く、こうして本来の仲介手数料の性質に合った支払いをするようになったのです。

個性的なライフスタイルが実現可能な賃貸物件が注目されています。とりわけデザイナーズマンションのような、スタイリッシュな物件が大人気です。